水族館劇場とは

昭和の終わりに創設された野外劇の役者徒党。中世河原者の系譜にみずからを位置づけ、1987年より芝居の坐を全国に建立開始。野戰攻城と名付ける野外公演は建築資材を援用し、サーカス天幕のような巨大な仮設小屋を役者自身で建込む。

read more

お知らせ

巨大水車&流浪する古書展最終調整完了!

今回の野戰攻城に出演する古本遊戯流浪堂店主・二見彰みずからが建て込んだ「流浪する古書展」。学芸大学の地で22年間営業したビルの解体のため今年の3月末日に一旦店を閉じ、あらたな場処をもとめて羽村の地にたどり着いた。本を並べ …

FISHBONE


水族館劇場が発行している機関紙FISHBONEのオンライン版です。さまざまな読み物、公演写真などを掲載しています。

read more

ショップ


『報告・凍りつく世界と対峙する藝能の在り処』『朱もどろの海の彼方からー報告沖縄幻視行』など、各種書籍販売中。

read more

新人募集


水族館劇場は東京を拠点に野外劇の極北をめざして活動を再開しました。水族館劇場の芝居はどこにもない方法で作り上げてゆきます。

いわるゆるプロの技術とは全く別の感性が必要です。したがって経験はいっさい問いません、水族館劇場の芝居を観ていることが唯一の条件です。

応募はメールまたは郵便にて、劇団事務所まで。